Heng Li(ヘンリ―)

恒利 Heng Li(ヘンリ―)レシート提出で全額キャッシュバック?詐欺の可能性は?

めい
こんにちは、めいです♪
今回は、Heng Li(ヘンリ―)という レシートキャッシュバック案件を検証します。
シャム
こんにちは、シャムです♪
日常の消費が 全てキャッシュバックされるらしい♡
今回検証するのは、日常で消費したお金や 詐欺被害などで失ったお金を、全額キャッシュバックしてくれるという「Heng Li(ヘンリ―)」です。
これだけ聞くと、「は?意味不明。」って感じですよね。
安全な案件なのか、一体どんなビジネスモデルなのか
今回も、私なりに調査して考察した内容を できるだけわかりやすく解説していきますので
気になっている方は参考にしてください。
結論から言うと、Heng Li(ヘンリ―)の登録 は おススメできません。
評価: 
安全性が低く、危険な案件と判断しました。
一緒に詳しく見ていきましょう!

恒利 Heng Li(ヘンリ―)のキャッシュバックとは?

Heng Li(ヘンリ―)で レシートや領収書・振り込みが証明できるものを申請し
承認されたら、その金額の16%相当のUSDT(暗号通貨/テザー)を入金することで
全額(合計116%)に対して、月利2.1%~3.0%程の還元が受けられるというものです。

例えば、10万円のレシートであれば
16,000円分のUSDTを入金
116,000円に対して約3%の還元(月に 3,480円の還元)
が受けられるということになります。

還元は、独自通貨「HLC(USDTに両替可能)」にて行われます。

 

シャム
独自コインでの還元は危ないにゃん
めい
最初は普通に両替・出金できていても、急に停止になる危険性は多分にあるね。
PGAやジェンコの悪夢 再び…

 

操作はアプリで行うため、ヘンリーアプリのインストールが必要で
登録時には紹介コードが必要となります。

というのも、Heng Li(ヘンリ―)は紹介制度をとっており
有料会員登録することで アフィリエイト報酬を得ていくことができる いわゆるMLA形式の案件です。

Heng Li(ヘンリ―)のアフィリエイト

紹介して アフィリエイト報酬を得ていきたい方は、有料会員登録する必要があります。

Heng Li(ヘンリ―)

 

どのランクで参加するかによって、紹介報酬の上限額も変わってきます。

下記の表からわかる通り、早くから参加してる人は 先行者利益が得られます。

Heng Li(ヘンリ―)

 

実際、アフィリエイター達が  Heng Li(ヘンリ―)を推奨するサイトを作成してます。
アフィリエイト報酬目的であることを認識したうえで 閲覧するようにしてください。

キャッシュバック対象について

基本的に 支払いをした証明さえあれば、なんでも対象みたいです。

詳細は下記の通り。

  • 2020年1月1日以降の領収書であること(請求書でもOK)
  • 約800円以上の領収書であること
  • 個人の領収書だけではなく、事業で利用した経費でもOK
  • 交通費や電話代・電気代も対象
  • 詐欺被害にあったものも、証明できるものがあれば還元対象

詐欺被害額を取り戻せることから、詐欺救済プロジェクト!なんて謳ってますが
結局、詐欺被害額が増えた…なんてオチになりそうです。

 

なぜキャッシュバックが可能なのか?

 

Heng Li(ヘンリ―)

 

通常であれば 企業が資金を調達したい時は、公的または民間の金融機関に融資を受けます。
これは 当然、返済が必要です。

Heng Li(ヘンリ―)はというと
香港証券取引所に上場している会社だから、新株を発行することで 資金調達が可能。
新株発行であれば、返済が必要ない。

ヘンリーの株価が上がれば、欲しい人が増えて価格はさらに上昇していく。
そうなれば、新株発行により追加の資金調達を行うことが出来るので、会社の資金力はますます大きくなっていく。

それを実現するために、ヘンリーアプリユーザーを増やしたいという意図がある。

ヘンリーアプリユーザーを増やすために、このキャッシュバックを行っている。
(キャッシュバックを行った以上のリターンが運営側にある)

 

めい
ここに 利益が出せる根拠があるのかが、安全な案件なのかを見分けるポイントになります!
シャム
新株発行で、返済の必要がない資金調達ができるのはわかるけど
株価が上がらなかったら、価値が下がる一方だにゃん
めい
一般的に 新株を発行すれば、1株当たりの価値は下落するよね。
株価が上がらないうえに、ユーザーに入金額以上のキャッシュバックをしてたら
あっという間に破綻するね。

Winsor Master(ウィンザーマスター)からの移行

Heng Li(ヘンリ―)ですが、これまで
YouBank ⇒ Munics ⇒ WinsorMaster と、資産移行を余儀なくされてきた経緯があります。

Winsor Master(ウィンザーマスター)は、先物・原油・株式・暗号資産など 様々な投資により、月利5~20%という高配当を受け取れる案件でした。

Winsor Master(ウィンザーマスター)から 資産移行が必要になった理由は
・コロナの影響で、取引先やポートフォリオ先で膨大な運用損失を複数出してしまった
・不正アカウント【実際にその人が得るはずではない不正利益】が大量にあった事による事業の圧迫
でした。

Winsor Master(ウィンザーマスター)は、ポンジスキームを疑われるような案件であり
実質 破綻という結末を迎えていることから
Winsor Master(ウィンザーマスター)の姉妹アプリである Heng Li(ヘンリ―)も
そう遠くない未来に破綻する気がしてなりません。

 

恒利 Heng Li(ヘンリ―)会社概要

 

恒利 Heng Li(ヘンリ―)
https://www.youtube.com/watch?v=dP0GSgASVGk&feature=emb_logo

上記リンクから、日本語字幕付きのプロモーション動画が観れます。

 

  • 会社名 Hengfa Optical Holdings Co.,Ltd.
  • ブロックチェーン技術を用いた最新ECプラットフォーム
  • 中国投資開発有限公司という会社が運営を行っている

 

色々調べましたが、運営元の情報はほとんどなく
トラブルがあっても連絡すらできそうにありません。

こういった案件に手を出すのは、非常にリスクが高いです。

 

恒利 Heng Li(ヘンリ―)まとめ

キャッシュバック可能な理由に、まるで根拠がありません。
株価が上がることを前提としている時点で、危ないです。

また こういった独自コインでの配当は、運営側で いつでも停止できるので
非常にリスクが高いものとなります。

今回の案件が危険だと判断した理由をまとめると

  • 独自コインでの還元
  • 資金調達の根拠が不十分
  • 運営元の情報がほとんどない
  • ポンジスキームが疑われる案件からの鞍替え

 

そう遠くない未来に破綻する線が濃厚です。

ポンジスキームである確証はありませんが、非常にリスクが高い案件であることは間違いないので
検討されている方は、リスクを認識したうえで 判断するようにしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

めい
私が現在 自信をもっておすすめできる商材は
こちらから確認いただけます

おすすめの商材はこちら

本当に稼げるものを厳選しているため、数は少ないですが
希少な優良案件を 日々探してます。

シャム
みつけ次第、随時UPしていくにゃん♪